自分の細胞で治療する|テニス肘などの怪我が原因で摂食障害に陥る場合もある|適切な治療を
ドクター

テニス肘などの怪我が原因で摂食障害に陥る場合もある|適切な治療を

自分の細胞で治療する

看護師

人間の体は大人も子供も沢山の細胞で出来ています。人間だけでなく、全ての動物や植物も多くの細胞でできています。人間の場合は、細胞にも寿命があり一定の期間が経過すると生まれ変わり新しい細胞が誕生します。その際に、健康な人間でも異常細胞が生じます。異常細胞の数は、正常な細胞よりもとても少ないですが、数にすると1日に数千個程度は生じています。この異常細胞は全てが危険というわけではありません。異常細胞はガンになることがありますが、人間にはNK細胞という免疫細胞があります。このNK細胞が正常に機能している場合は、ガンの発生を防いでくれます。

人間の免疫力はとても優れていて、ガンの増殖を防ぎます。この人間の免疫力を治療に応用したのが、免疫細胞治療です。患者さんから摂取した免疫細胞を増殖して、患者さんの体に投与するのが免疫細胞治療です。免疫細胞治療の最大のメリットは、患者さんの細胞を使うことです。摂取した免疫細胞は、もともと患者さんの体内にあった細胞です。その摂取した細胞を元にして、免疫細胞を増殖させるので、患者さんは副作用が少なくてすみます。また、免疫細胞治療がガンにも効果的です。特に現細胞が少ない時に免疫細胞治療を行なうのが理想的でしょう。大きなガンの切除をした後でも、今までは再発や転移の可能性はありました。しかし面積細胞治療を一緒に行なうことで、ガンの再発や転移の可能性は少なくなります。また、早期発見できたガンにも有効的です。